言語教育

言語教育

コミュニケーションは国際理解に必要な第一歩であり、言語はそれを可能にする多くのツールの中の1つです。そのため、APUではこの言語を習得し、コミュニケーションスキルを向上させるために最適な授業や環境を提供しています。

APUを受験する際にはまず、日本語または英語から講義を理解することの可能な言語を選択します。この時点では、選択しなかったもう一方の言語を理解している必要はありませんが、入学後のプレイスメントテストにより編成されたレベルにあったクラスで言語の授業を受講します。習得レベルごとに編成された授業で総合的に言語力を伸ばし、卒業時には両方の言語で講義を受講し、コミュニケーションが取れるレベルを目指します。

アジア太平洋言語

日本語と英語に加えて、アジア太平洋地域で使われている言語のうち6言語を、入門レベルから上級レベルまで学習できる「アジア太平洋言語」教育科目を設けています。授業の他、APUにはこれらの言語を母語とする国際学生や教員も身近に存在するため、彼らとの積極的なコミュニケーションを通じて、高度な言語運用能力を身につけることも可能です。

APUでは、教室で学んだ言語をすぐにキャンパスで実践することができるため、言語を学ぶには最適な環境です。さらに、言語の運用能力を高めるための様々なプログラムを用意しています。