出願方法

出願情報

アドミッション・ポリシー

学部学生は本学に在学中、授業のみならず立命館アジア太平洋大学(APU)という多文化キャンパスが内包するすべての学びの機会を活かし、卒業後に世界に寄与するための知識、スキル、態度を身につけることが望まれる。APUに在学する学部学生はそれぞれがこの多文化キャンパスでの積極的な交流を基に大学コミュニティ構成員全体の学びに対して貢献することが要求される。

このような学びを行うために、APUに入学する学部学生は、以下を有する必要がある。
1)コミュニケーションツールとしての日本語または英語の基本的能力
2)反対言語学習に対する強い意欲と適性
3)大学での学習に必要な基本的知識
4)分析力、想像力、実際的な問題解決能力の適性
5)すべての学びの機会を積極的に活用する意欲
6)多文化環境での共生の適性

さらに、それぞれの学部においては、以下の側面を有する必要がある。
① アジア太平洋学部
1) 多くの情報を統合し、多角的に物事を考え、それをまとめあげる力
2)アジア太平洋地域の社会文化についての興味・関心
3)21世紀の社会に関する洞察力

② 国際経営学部
1)ビジネスについての興味・関心
2)高い倫理性を持ち、ビジネスによるアジア太平洋地域の発展に関する関心
3)21世紀の社会に関する洞察力

入学審査においては、上記の能力、知識、適性、意欲を総合的に判断するために、多角的な審査方法を用い、APUにおける学びに適した学部学生を受け入れる。