MENU
Select a Language

新型コロナウイルス感染症に関する入試FAQ | APU 立命館アジア太平洋大学

Ritsumeikan Asia Pacific University International Undergraduate Admissions

出願、入学手続きについて
新型コロナウイルス感染症関連のよくある質問

新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大が続いており、本学への出願や入学に向けて不安を感じていらっしゃる方も少なくないと思います。この未曾有の事態をうけて、本学では2021・2022年度入学の志願者および入学予定者の方々へ様々な支援策を検討しています。本ページでは、出願および入学手続きについて、皆さんから寄せられるよくあるご質問とそれらへの回答を掲載しています。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、出願方法、入学手続き、及び入国手続きについて従来の方法といくつか変更点がありますので、まずは本ページをご確認ください。

本ページを定期的に確認し、常時最新の情報を入手するようにしてください。 不明点がある場合は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。なお、一般的なよくある問い合わせについてはよくある質問ページよりご確認ください。

入学予定者/入学者対象 COE・査証・アライバル関係 (2021年7月16日更新)

Q101: APUからCOE(在留資格認定証明書)が届きました。 査証(留学ビザ)を申請するために、いつ在外公館に行くべきでしょうか?
Q102: ビザ(査証)の取得はできますか?
Q103: 私は2021年秋セメスターに入学予定です。APUから届いたCOEには、記載された交付日から3か月間有効と記載されています。もうビザの申請をしたほうがいいですか?
Q104: 私は2020年9月から2021年9月に入学を移行し、APUから送付されたCOEはすでに受け取っています。このCOEでビザの申請はできますか?2021年9月入学に向けて、再度COEを申請する必要がありますか?
Q105: 日本に入国するためには、出発前に居住国・地域で新型コロナウイルス感染症の検査を受けなければなりませんか?
Q106: 日本への渡航準備はどのように進めればいいですか?
Q107: 入国後、2週間待機(隔離)する必要があると聞きました。APハウス以外の場所で待機(隔離)になるのでしょうか?

2022年入学試験対象 出願手続関係

Q201: 新型コロナウイルス感染症の影響で成績証明書が入手できません。出願できますか?
Q202: 成績評価方法がGPAまたはレターグレード等からPass/Failに変更になりました。出願に問題はありますか?
Q203: 修了試験/統一試験(IB DiplomaやGCE A Level等)が中止になりましたが、出願できますか?
Q204: 受験しようと思っていた言語の試験が中止になり、言語能力証明書が提出できなくなりました。どうすればいいですか?
Q205: 新型コロナウイルス感染症の影響で卒業証明書(または卒業見込証明書)が入手できません。出願できますか?
Q206: 卒業時期が平常時よりも遅くなりそうですが、出願/入学はできますか?
Q207: 銀行送金での入学検定料の支払いができません。どのような支払い方法がありますか?

2022年入学試験対象 入学手続関係 (2021年7月16日更新)

Q301: 銀行送金での入学手続金の支払いができません。どのような支払い方法がありますか?
Q302: オンライン送金サービスWestern Unionを通して入学手続金を支払う際、問題が発生したり、確認したいことがある場合は、どこへ問い合わせればよいですか?
Q303: ロックダウン等の影響により、入学手続書類(経費支弁関係の書類等、在留資格認定証明書の申請に必要な書類を含む)を入手するのが難しいのですが、どうしたらよいでしょうか?
Q304: オンラインで提出した書類でCOE(在留資格認定証明書)の申請はできますか?現在ロックダウンなどの影響により、郵送ができない状況です。
Q305: 新型コロナウイルス感染症拡大によるロックダウン等の影響で卒業証明書の原本が入手できません。どのように提出すればいいですか?
Q306: 現在日本への入国ができない状況ですが、入学はできますか?
Q307: 新型コロナウイルス感染症による影響で入学時期を変更できますか?
Q308: 日本への渡航準備はどのように進めればいいですか?

すべての方対象 (2021年7月16日更新)

Q401: まだ入国できていませんが、入国制限が解除された後、APU指定の入国・入寮期間にAPハウスに到着予定です。寮費の支払いはいつから発生しますか?
Q402: 2021年4月に入学しましたが、まだ入国できていません。APU到着後、APハウスにはいつまで住むことができますか?
Q403: APUでは、どのような新型コロナウイルス感染症に関する支援が取られていますか?
Q404: APUでは、どのような新型コロナウイルス感染症に関する対応が取られていますか?

入学予定者/入学者対象 COE・査証・アライバル関係 (2021年7月16日更新)

  
Q101: APUからCOE(在留資格認定証明書)が届きました。 査証(留学ビザ)を申請するために、いつ在外公館に行くべきでしょうか?
A: 現在、日本国政府は、外国人留学生の日本への新規入国を認めていません。また、日本国在外公館において、留学生の日本への新規入国のためのビザは発給されておりません。
入国制限解除、及び解除後の入国手続(ビザ申請を含む)や検疫条件の詳細について、日本国政府による正式な発表がありましたら、APUのウェブサイトや、21年9月入学のみなさんには手続きに利用したメールアドレスへ、在学生にはキャンパスターミナルでお知らせします。定期的に確認してください。また、APUからのメールが迷惑メールフォルダに入っているという申し出を受けることがあります。迷惑メールフォルダも適宜ご確認ください。
Q102: ビザ(査証)の取得はできますか?
A: ビザ(査証)の発給状況については、最寄りの在外公館まで各自お問い合わせください。新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に発給を停止している場合や、発給申請が予約制となっている場合などがあります。
 
Q103: 私は2021年秋セメスターに入学予定です。APUから届いたCOEには、記載された交付日から3か月間有効と記載されています。もうビザの申請をしたほうがいいですか?
A: 2020年1月1日から2021年7月31日までの間に交付されたCOEは、2022年1月31日まで有効とみなされ、また、2021年8月1日~2022年1月31日までに交付されたCOEは、発行日から6か月間有効とみなされます(日本国出入国在留管理庁2021年7月5日発表)。
現在は入国が制限されており、入国制限が解除されるまでビザは発給されない見込みです。入国制限が解除された後、2021年秋セメスターに向けて入国する場合は、上記期間中に交付されたCOEを使用できます。なお、COEと留学ビザの両方の有効期限内に入国する必要がありますのでご注意ください。
Q104: 私は2020年9月から2021年9月に入学を移行し、APUから送付されたCOEはすでに受け取っています。このCOEでビザの申請はできますか?2021年9月入学に向けて、再度COEを申請する必要がありますか?
A: 2020年1月1日から2021年7月31日までの間に交付されたCOEは、2022年1月31日まで有効とみなされます(日本国出入国在留管理庁2021年7月5日発表)。入国制限が解除された後、2021年秋セメスターに向けて入国する場合は、上記期間中に交付されたCOEを使用できます。なお、COEと留学ビザの両方の有効期限内に入国する必要がありますのでご注意ください。
Q105: 日本に入国するためには、出発前に居住国・地域で新型コロナウイルス感染症の検査を受けなければなりませんか?
A: 入国制限解除、及び解除後の入国手続(ビザ申請を含む)や検疫条件の詳細について、日本国政府による正式な発表がありましたら、 APUのウェブサイトや、2021年9月入学のみなさんには手続きに利用したメールアドレスへ、在学生にはキャンパスターミナルでお知らせします。定期的に確認してください。また、APUからのメールが迷惑メールフォルダに入っているという申し出を受けることがあります。迷惑メールフォルダも適宜ご確認ください。
Q106: 日本への渡航準備はどのように進めればいいですか?
A: 新型コロナウィルスの感染状況や各国政府の渡航制限等により、日本への入国のタイミングの確定が難しい場合があります。どうしても航空券の手配をする必要がある場合は、事前に最新の渡航制限にかかわる情報を確認し、ビザの発給状況などについて最寄りの在外公館に問い合わせるなど情報収集に努めてください。その上で、変更や取消しができる航空券を購入することをおすすめします。APUも、授業の実施方法やCOE(在留資格認定証明書)の交付状況などの情報提供に努めます。なお、渡航準備にかかわって発生した費用について本学は責任を負いかねます。
Q107: 入国後、2週間待機(隔離)する必要があると聞きました。APハウス以外の場所で待機(隔離)になるのでしょうか?
A: 現在、日本への入国は制限されているため、待機場所についても決定されていませんが、入国後の待機場所は、APハウス以外の場所が想定されます。入国制限解除後に適用される、隔離の場所や方法等を含む検疫条件の詳細については、日本政府の正式発表を待っているところです。詳細がわかり次第お知らせします。

2022年入学試験対象 出願手続関係

Q201: 新型コロナウイルス感染症の影響で成績証明書が入手できません。出願できますか?
A: 可能な限り、成績状況が確認できる資料をアップロードしてください。例えば、公印などがない状態だとしても、本人の手元に届く成績通知の写真やインターネット上で閲覧できる情報をもって出願は受け付けます。ただし、出願後にAPUから別途、提出締切が設定され、公式書類のコピーを提出して頂きます。期日は可能な限り、個別状況に応じて設定しますが、万が一、その期日までに難しい場合は、書類不備として取り扱われますので予めご了承ください。
なお、成績が入手できないことを理由に出願締切日を延長するなどの措置は行いません。
Q202: 成績評価方法がGPAまたはレターグレード等からPass/Failに変更になりました。出願に問題はありますか?
A: 出願できます。成績評価方法が変更になったことでの不利益はありません。なお、出願後に本学より成績について問い合わせをする場合があります。
Q203: 修了試験/統一試験(IB DiplomaやGCE A Level等)が中止になりましたが、出願できますか?
A: 修了試験/統一試験が受験できない場合も、居住国・地域における正規の課程による12年の学校教育を修了または修了見込みの場合は、出願できます。その他、出願が認められる場合もあります。詳細についてご不明な点がある場合は、問い合わせフォームからお問い合わせください。
*通常の学校教育の課程が11年の場合は、事前にリクエストフォームからお問い合わせください。
Q204: 受験しようと思っていた言語の試験が中止になり、言語能力証明書が提出できなくなりました。どうすればいいですか?
A:

英語基準での出願を検討している場合
英語の言語能力証明書として、自宅からオンラインで受験できる以下の試験を受け付けています。
 • IELTS Indicator
 • iBT® Special Home Edition
 • Duolingo English Test*
*Duolingo English Testによる出願を希望する場合は、所定書式「言語能力認定書」の提出が必須です。詳しくは出願方法ページをご覧ください。

日本語基準での出願を検討している場合
日本語の言語能力証明書として、自宅からオンラインで受験できる以下の試験を受け付けています。
 • 日本語テストシステム J-CAT
詳しくは出願方法ページをご覧ください。

 
Q205: 新型コロナウイルス感染症の影響で卒業証明書(または卒業見込証明書)が入手できません。出願できますか?
A: すでに卒業している場合は、卒業証書またはそれに相当する書類を提出してください。学校のレターヘッドに、発行日、あなたの氏名と卒業日(またはは卒業見込日)記載で、学校長名、学校長のサイン及び学校印が捺印された正式なレターでもかまいません。卒業前の方で出願時点での卒業見込証明書の提出が難しい場合は、合格後の書類提出締切日までに、必ず卒業証明書を提出するようにしてください。
Q206: 卒業時期が平常時よりも遅くなりそうですが、出願/入学はできますか?
A: 4月入学の場合は当該年の3月31日までに居住国・地域における正規の課程による12年の学校教育を修了していること、9月入学の場合は当該年の9月20日までに居住国・地域における正規の課程による12年の学校教育を修了していることを証明する書類の提出が求められます。卒業時期が変更になった結果、万が一、これらの期日までに卒業ができない場合は、問い合わせフォームからご連絡ください。
*通常の学校教育の課程が11年の場合は、事前にリクエストフォームからお問い合わせください。
Q207: 銀行送金での入学検定料の支払いができません。どのような支払い方法がありますか?
A: クレジットカードによる納入が可能です。ただし、クレジットカード納入の場合、手数料が銀行送金とは異なりますので、あらかじめご確認ください。クレジットカードでの納入が難しい前は、出願締切前に問い合わせフォームからご連絡ください。

2022年入学試験対象 入学手続関係 (2021年7月16日更新)

Q301: 銀行送金での入学手続金の支払いができません。どのような支払い方法がありますか?
A: オンライン送金サービス(Western Union)を通して、クレジットカードによるオンラインでの納入が可能です。ただし、サービス内で選択する支払い方法によって手数料が異なりますので、Western Unionでの手続き時にご確認ください。
Q302: オンライン送金サービスWestern Unionを通して入学手続金を支払う際、問題が発生したり、確認したいことがある場合は、どこへ問い合わせればよいですか?
A: Western Unionでは、以下の問い合わせ先で英語対応が可能です。
  •  オンラインチャット(24時間): Chat With Us
  •  メール:gpstudents@westernunion.com
  •  電話:+61 2 8585 7999
Q303: ロックダウン等の影響により、入学手続書類(経費支弁関係の書類等、在留資格認定証明書の申請に必要な書類を含む)を入手するのが難しいのですが、どうしたらよいでしょうか?
A: まずは、入学手続チェックリスト中の「入学手続書類」に記載の、「費用計画書」、「経費支弁書」、「経費支弁書の収入証明・預金残高証明書」、「顔写真」を優先的に提出してください。以上の書類は、在留資格認定証明書(COE)の申請に必要ですので、提出が遅れると、COEの申請も送れる可能性があります。まずはオンライン手続システムにアップロードし、その後すみやかに、アドミッションズ・オフィスまで原本*を郵送してください。上記のCOEの申請に必要な書類以外の書類も入手できたら、すみやかにオンライン手続システムにアップロードし、原本を郵送してください。
提出可能な書類全てのアップロードが完了したら、必ず提出締切日までに登録ステータスを「完了」に切り替えてください。「完了」に切り替えられていないと、COE申請の準備を開始できませんので、必ず「完了」に切り替えてください。提出締切日までの原本書類の入手または郵送が難しい場合は、以下の情報をそえてapplied@apu.ac.jpまでご連絡ください。ただし、入学日までに原本の提出が必須です。
1)受験番号 2)氏名 3)居住国・地域 4)国籍 5)原本の入手あるいは郵送が難しい理由
Q304: オンラインで提出した書類でCOE(在留資格認定証明書)の申請はできますか?現在ロックダウンなどの影響により、郵送ができない状況です。
A: 原則、必要書類のうち原本を郵送するように指定されているものは、全て郵送をして頂く必要があります。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響でどうしても締切日までに郵送が困難な場合は、オンラインで提出されたCOE申請に必要な経費支弁関係の書類の書類をもってCOEの申請の準備を行います。その後郵送が可能になったらすみやかに、追跡可能な国際配達サービスにて原本を発送してください。その際、配達の追跡番号をapplied@apu.ac.jpへ連絡してください。配達の追跡番号の連絡を受けた後、COEの申請を行います。なお、交付されたCOEの発送については、必要書類原本のAPU到着をもって行っておりますので、可能な限り早く原本の郵送を行ってください。どうしても、COE申請に必要な経費支弁関係の書類の郵送が難しい場合は、すみやかに以下の情報をそえて、applied@apu.ac.jpまでご連絡ください。
1)受験番号 2)氏名 3)居住国・地域 4)国籍 5)郵送が難しい理由
Q305: 新型コロナウイルス感染症拡大によるロックダウン等の影響で卒業証明書の原本*が入手できません。どのように提出すればいいですか?
A: 一旦は、出願時に提出した書類(卒業見込み証明書や、学校が発行した卒業証明レター等)をオンライン手続システムにアップロードしてください。その後、正式な卒業証明書が入手できたら、すみやかに原本*の郵送をお願いします。どうしても郵送が難しい場合は、事前に以下の情報をそえて、applied@apu.ac.jpまでご連絡ください。ただし、入学日までに原本*の提出が必須です。
1)受験番号 2)氏名 3)居住国・地域 4)国籍 5)郵送が難しい理由

原本書類* 一旦提出された書類は返却されません。卒業証明書などの再発行ができない書類で、手元においておきたい場合は、卒業証明書の発行元である学校や、公証役場で「原本証明」のなされたコピーを提出してください。「残高証明」や「収入証明」等の経費支弁関係の書類は、必ず原本を提出する必要があります。
Q306: 現在日本への入国ができない状況ですが、入学はできますか?
A: 2021年度入学の場合、オンラインと対面の両方で授業を実施することが決まっていますので、入学は可能です。詳しくは、今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況および日本政府の指針に基づいて、別途、案内します。
Q307: 新型コロナウイルス感染症による影響で入学時期を変更できますか?
A: 新型コロナウイルス感染症による影響(入国制限等)に伴う入学時期の変更については、個別での相談を受け付けています。認められれば、最大2セメスター(1年間)までの移行の申請が可能です。以下の情報をそえて、applied@apu.ac.jpまでご連絡ください。
1)受験番号 2)氏名 3)居住国・地域 4)国籍 5)入学時期変更相談の旨 6)変更を希望する理由
入学時期の再検討にあたっては、入学手続が2次手続金の納入まで完了していることが条件となります。また、ご相談の結果、変更ができない場合もありますので予めご了承ください。
Q308: 日本への渡航準備はどのように進めればいいですか?
A: 新型コロナウィルスの感染状況や各国政府の渡航制限等により、日本への入国のタイミングの確定が難しい場合があります。どうしても航空券の手配をする必要がある場合は、事前に最新の渡航制限にかかわる情報を確認し、ビザの発給状況などについて最寄りの在外公館に問い合わせるなど情報収集に努めてください。その上で、変更や取消しができる航空券を購入することをおすすめします。APUも、授業の実施方法やCOE(在留資格認定証明書)の交付状況などの情報提供に努めます。なお、渡航準備にかかわって発生した費用について本学は責任を負いかねます。

すべての方対象 (2021年7月16日更新)

Q401: まだ入国できていませんが、入国制限が解除された後、APU指定の入国・入寮期間にAPハウスに到着予定です。寮費の支払いはいつから発生しますか?
A: 入居していない期間の寮費は発生しません。また、新型コロナウイルスの関係で入寮日が変則的になることが想定されるため、入居した月の寮費は免除しています。実際に入居した月の翌月分からの寮費が発生し、入学手続金として支払った寮費から充当されます。
Q402: 2021年4月に入学しましたが、まだ入国できていません。APU到着後、APハウスにはいつまで住むことができますか?
A: 2021年4月入学生は、2022年2月末までAPハウスに住むことができます。現在、入国できておらず2021年秋セメスターに入寮した場合でも、2022年2月までの入寮期間です。
定められた入寮期間後も継続してAPハウスに入寮することを希望する場合は、入寮期間を1セメスター(約半年間)延長するための継続入寮申請を行うことが可能です。継続入寮申請についての詳細は、APUが提供するインターネット上のお知らせシステムやAPハウス内の掲示板にてお知らせします。利用可能な部屋数はセメスター毎に異なるので、APU到着後最新情報をAPハウス・オフィスに確認することをおすすめします。
大学としては入寮期間を無期限に延長したい一方、APハウスは本来新入生が日本での生活にスムーズに移行するための寮であるという目的があり、日本語を学び日本での生活スキルを身につけAPUでの生活に慣れると、新入生を受け入れるために、在学生は別府市内に引っ越しています。
Q403: APUでは、どのような新型コロナウイルス感染症に関する支援が取られていますか?
A: APUでは、新入生(新規の「留学ビザ」での入国)が日本入国に際し、入国支援を行っています。具体的には、入国時に空港到着後、14日間の公共交通機関の使用停止およびホテル等での待機を求められる場合に、宿泊費等を学生に代わり大学が負担します。現在、新規の「留学ビザ」での入国が制限されているため、入国が再開されれば、具体的な入国方法について、APUのウェブサイトや、2021年9月入学のみなさんには手続きに利用したメールアドレスへ、在学生にはキャンパスターミナルでお知らせします。定期的に確認してください。また、APUからのメールが迷惑メールフォルダに入っているという申し出を受けることがあります。迷惑メールフォルダも適宜ご確認ください。
Q404: APUでは、どのような新型コロナウイルス感染症に関する対応が取られていますか?
A: 大学の公式ホームページ内で、随時、案内を行っております。詳しくは下記のページを参照してください。
PAGE TOP