MENU
Select a Language
MENU
Select a Language

よくある質問 | APU 立命館アジア太平洋大学

Ritsumeikan Asia Pacific University International Undergraduate Admissions

よくある質問

本ページでは、主に志願者からの一般的な質問や出願・入学手続き、そのほか日本・APUでの生活における費用に関わる質問について回答しています。教員・カウンセラー・保護者の方からの質問に関しては、こちらのページにてお答えしていますのでそちらをご確認ください。


APUオンライン出願システム

APUオンライン出願システムのパスワードを忘れてしまったのですがどうすれば良いですか?
パスワード再発行をいたします。 お問い合わせページからAPUアドミッションズ・オフィスへご連絡ください。その際にログインID、フルネーム、ご登録のEメールアドレスも教えてください。

APUでの学び

APUでは何を勉強できますか?
APUにはアジア太平洋学部と国際経営学部の二学部があり、アジア太平洋学部では学士(アジア太平洋学)を、国際経営学部では学士(経営学)を取得できます。学部の詳細については、学部教育のページをご覧ください。
またAPUでは、専門分野を入学時の基準言語(英語もしくは日本語)で学ぶと同時に、基準言語とは反対の言語の習得もめざします。詳細は 言語教育のページをご覧ください。
私は一度も日本に行ったことがなく、日本語も話せません。APUで勉強することはできますか?
はい。APUの国際学生の多くは入学前に一度も来日したことがなく、日本語を勉強したこともありません。ほぼ全ての授業は英語と日本語の二言語で開講されています。よって英語基準学生の場合は、入学時には大学で勉強するための英語力があれば問題ありません。しかし、入学後の学生生活をより充実したものにするためにも、合格後は入学前から日本語を学び始めることを強くお勧めします。また日本語基準学生の場合はその逆のことが言えます。
日本語の学習は必須ですか?
英語基準の学部生は、卒業に必要な単位として日本語の授業を最低16単位取得しなければなりません(3回生編・転入学者を除く)。また、別府の地域コミュニティとの関わりを深めたり日本での就職を希望したりする場合には日本語能力は不可欠です。多くの学生は2回生を終えるまでに日本語の必修単位は取得できますが、その後も日本語の学習は継続することをお勧めします。
日本語基準の学部生も同様に、卒業に必要な単位として、英語の授業を12単位(又は24単位)取得しなければなりません。必要単位数は、入学後のプレイスメントテストの結果により決定されます。
APUでは、日本語を専攻できますか?
日本語を専攻することはできません。APUでは、アジア太平洋学部または国際経営学部のいずれかを専攻して学びながら、日本語も集中的に学ぶことができます(3回生編・転入学者を除く)。なお、日本語基準で入学した学生の場合は英語の言語科目を履修します。
APUではどのようなキャリアサポートがありますか?
APUのキャリア・オフィスでは、学生のみなさんが将来の目標を実現できるように入学時点から正課外の双方でサポートをしています。多くの学生が各種講演会や模擬面接などのキャリアサポートを活用した結果、2018年度の就職決定率は96.2%という結果となりました。また、APUや世界各国の大学院に進学する学生もいます。

APUや日本での生活

私は日本の生活について何も知りませんし、日本語もできません。日本で生活することはできますか?
不安と期待でいっぱいの初めての来日をサポートするため、指定の日に福岡国際空港APUまでの移動をサポートするアライバル・アシスタンス・サービスを行っています。また、授業が始まる前には様々なオリエンテーションを用意しているため、万全の体制で授業の初日を迎えられます。さらに学生寮APハウスでは各階に配置された上回生のレジデント・アシスタント(RA)がみなさんの日本での新しい生活になじめるようにサポートしています。
日本での生活費は高いですか?
東京や大阪といった大都市の生活費と比べて、APUが立地する別府での生活費は随分と安価に抑えることができます。また、日本ではアルバイトをすることが一定の条件の下で認められており、その収入が生活費の一部となっている学生も多くいます。一方で、国際学生が日本でアルバイトをする際には制限も伴います。生活費やアルバイト等お金にかかわることについては、こちらのページをご確認ください。
キャンパス内に寮はありますか?
はい。最初の1年間、国際学生はAPハウスというキャンパス内の寮で生活します。ここで新入生は新しい環境での生活に慣れ、世界中から集う学生と仲良くなることができ、日本での生活を安心してスタートすることができます。
APハウスにに1年目は入寮すると聞きましたが2年目以降はどうなりますか?
キャンパス内にAPハウス1、2があり、キャンパス外(別府市内)にAPハウス3、4があります。2年目からは別府市内に移り住むことになりますが、継続入寮申請をすることで引き続き寮生としてAPハウスに住むことができる場合があります(空室状況や個々の事情によります)。また、日本・APUでの暮らしをはじめたばかりの新入生をサポートするためにAPハウスのレジテンス・アシスタント(RA)応募することも可能です。その場合も継続してAPハウスに居住することが可能です。
大学の外では、学生はどのような場所に住んでいますか?
APハウスを出た後は、学生の多くは別府市内のアパートや学生寮に入居しています。費用を抑えるために友人とアパートを借りて、ルームシェアをしている学生も多いです。また、APUでは賃貸アパートや学生寮の紹介のサポートも行っています。
学生の通学手段は何ですか?車やバイクで通学できますか?
別府市内は広範囲に渡ってバスが走っていますので、APUへの通学もバスの利用をお勧めします。学生は大きな割引を受けることができる年間通学定期券が利用できるため便利です。車を所有することは可能ですが、通学やキャンパスへの駐車は禁止しています。また、大学からの通学許可が下りれば、バイクでの通学は可能です。
アルバイトはできますか?
資格外活動許可を取得することで、講義開講期間中は週28時間、長期休暇中は週40時間を上限に働くことができます。許可証の申請は入学後、学内のアルバイトセンターにて行うことができます。アルバイト先はキャンパス内外にあります。2020年現在の大分県の最低時給は790円です。
大学に食堂はありますか?
はい。APUカフェテリアでは、朝食、昼食、夕食の三食を提供しており、授業を開講していない休暇期間中でも利用することができます。また、APUパシフィック・カフェではサンドイッチやアイスクリーム等の食事を提供しており、授業開講期間のみ営業しています。
食事制限がありますが、日本で食事に困ることはありませんか?
APUカフェテリアでは、個人的な理由や宗教的な必要性から食事制限をしている学生のために、ベジタリアン料理やハラルフードなどバラエティーに富んだメニューを提供しています。また、別府市内には色々な国の食材が購入できるお店があるため、APハウスの共同キッチンで自炊をすることもできます。さらに別府市内にはビーガン、ベジタリアン、ハラルフードを提供しているレストランもあります。

APUの諸費用・奨学金・学資援助

APUの学費はいくらですか?
年間授業料は以下のとおりです。
1回生時:1,300,000円
2回生~4回生時:1,500,000円/年
年間授業料には、何が含まれますか?
APUの授業料には、講義にかかる費用と事務手数料が含まれています。なお、住居費、食費、テキスト代、交通費などの費用は含まれません。
APUにはどのような奨学金制度がありますか?
留学ビザを取得予定の学生は、出願時にAPU授業料減免奨学金に申請することができます。授業料のみに適応される奨学金ですのでお気を付けください。また、入学後に応募できる奨学金も様々ありますので、詳細は入学後にご確認ください。
APU授業料減免奨学金に申請するにはどうしたらよいですか?
APU授業料減免は、オンライン出願システム内で申請することができます。 出願時に奨学金申請のエッセイを他の書類に加えて提出いただきます。授業料減免の審査は、志願者の提出書類と面接の結果から総合的に判断します。授業料減免は入学後に申請することはできません。APU授業料減免に関する詳細はこちらをご覧ください。
APUには、生活費援助のための奨学金制度はありますか?
APUが提供している奨学金は授業料減免奨学金のみです。入学後に申請できる生活費のための外部奨学金もございます。入学後に申請できる奨学金については、こちらをご覧ください。
学資ローンや助成制度はありますか?
ローンや助成制度はありませんが、入学後に様々な種類の奨学制度に申請できます。また、ご自分の国の政府や助成団体による奨学金制度についても調べることをお勧めいたします。

APUへの出願

私は現在高校3年生ですが、出願書類はいつ頃提出したらよいですか?
現在高校3年生でなおかつ、APU入学前に高校卒業予定の場合は、あなたの居住地対象の出願期間内であれば、いつでも出願することができます。なお、高校卒業前に出願される場合には、直近の成績証明書を提出していただきます。合格後にAPU入学を決意した際には、入学前に高校卒業証明書を提出する必要があります。出願締切スケジュールは、ダウンロードページにある入試要項(こちら)をご確認ください。
私の国の教育制度では、高校卒業まで11年間なのですが、APUへ出願できますか?
日本の大学に入学するためには、大学入学前に12年間の学校教育を修了する必要があります。もし高校卒業までの教育年数が10年もしくは11年間である場合には、大学入学のための準備教育課程や同等のコースを修了することにより、12年教育の修了を証明して頂く必要があります。ただし、通常の学校教育の課程が11年の場合でも文部科学大臣が指定する11年以上の課程を修了したと認める学校の課程を修了した者は、出願できます(ウズベキスタン共和国、スーダン共和国、ベラルーシ共和国、ペルー共和国、ミャンマー連邦共和国、ロシア連邦の各課程が該当)。詳しくは出願前にアドミッションズ・オフィスへお問い合わせください。
TOEFLやIELTSのスコアは必要ですか?
TOEFLやIELTSのスコアが必要かどうかは、あなたの学歴によって異なります。詳細はダウンロードページにある入試要項(こちら)をご確認ください。
出願書類は原本を送らなければいけませんか?それとも、コピーでも構いませんか?
オンライン出願システムからの出願のみを受け付けているため、出願時に原本を提出する必要はありません。ただし、合格後の入学手続きの際には、証明書の原本(コピー不可)が必要です。
入学検定料を支払うことができないのですが、免除してもらえますか?
入学検定料はすべての出願者が支払う必要があります。入学検定料の免除はありません。この金額には入学検定料の他に出願資格審査手数料や各種通知書類の郵送料等も含まれていますので、入学検定料の支払が確認できるまで一切の審査は行いません。
入学検定料を支払わずに出願した場合はどうなりますか?
入学検定料の支払が確認できるまで一切の審査は行いません。原則として、未払いの入学検定料についてAPUから志願者に連絡をすることもありません。
私は他の学生と比べて年齢が上ですが、入学審査の結果に影響しますか?
APUへの入学に年齢は関係ありません。どの年代の方でもAPUの多文化キャンパスで学びたいという意欲のある方を歓迎いたします。
私は二重国籍(日本国籍ともう一国)を持っていますが、国際学生として出願できますか?
日本国籍をお持ちの方は、居住国に関わらず、国際学生として出願することはできません。日本国籍をお持ちの方はアドミッションズ・オフィス(国内)までお問合せください。ご両親のうちいずれか、もしくは両方が日本国籍をお持ちで、ご自身が日本国籍を所有しているかどうかが定かではない場合は現在居住する国の日本国大使館でご確認ください。
出願をした後、APUから何も連絡がありません。私の出願状況はどうなっていますか?
オンライン出願及び入学検定料の受け取り、通常1週間以内にメールをお送りしていますが、出願締切日の間近や長期休暇中(8月中旬やお正月休暇)は連絡が遅れる場合がありますので、ご了承ください。出願は完了してから2週間が経過してもAPUから連絡がない場合にはアドミッションズ・オフィスへお問い合わせください。
合否が届くまでにどのくらいかかりますか?
面接後に評価を行います。合否結果とAPU授業料減免の結果は、あなたの最終選考結果発表日に本学アドミッションズサイト内にて開示します。ログインに必要な情報は発表日にメールでお知らせします。最終選考結果発表日は、ダウンロードページにある入試要項(こちら)の選考日程一覧から確認できます。
出願書類に不備があった場合には教えていただけますか?
出願書類に不備があった場合や追加書類が必要な場合には、メールでお知らせいたします。APUからの問い合わせや質問にできるだけ早く対応できるように、メールは定期的に確認するようにしてください。また出願時には、メールアドレスや住所が正確に書かれているか十分に確認してください。なお、不備書類があった場合は、審査に遅れがでますことをご了承ください。
出願後に住所が変わったのですが、情報の更新・変更をするにはどうすればよいですか?
住所や電話番号、Eメールアドレスに変更が生じた場合は applied@apu.ac.jpまでお知らせください。
請求書に記載されている入学に必要な諸費用を一度に支払うことができません。分割払いや、APU入学後の支払いは可能ですか?
いいえ。APUは、査証取得に必要な在留資格認定書(COE)を代理で申請する際に、出願者が日本留学に必要な諸費用を支払うことができるということを出入国管理局に証明しなくてはなりません。したがって、入学に必要な諸費用は全て入学前までにお支払いいただく必要があります。在留資格認定書については、下につづく「留学」ビザに関するセクションでも回答していますので、あわせてご覧ください。

「留学」ビザ

「留学」ビザ(査証)とは何ですか?
大学に相当する高等教育機関への留学に必要となる「留学」ビザは、現在居住している国・地域の日本国大使館もしくは領事館で発行されます。また、「留学」ビザを申請するためには在留資格認定証明書(COE)の取得が必要になります。
「在留資格認定証明書」(COE)とは?
COEは出入国在留管理局から発行される書類で、「留学」ビザを取得するために必要な書類です。 APUへの入学手続きを完了した段階で、APUはあなたのCOEを出入国在留管理局に代理申請をします。COEが発行されたら、APUがあなたの住所へ書留郵便で送りしますので、手元に届いたCOEをもって、お近くの日本国大使館・領事館へいきビザの申請をご自身で行ってください。詳細は、合格後の入学手続き時にご案内します。
COEの申請のため、銀行預金残高証明書など重要な書類を提出しなくてはなりませんが、コピーを送ってもよいですか?
APU入学手続きシステムにまずは銀行預金残高証明書や収入証明をアップロードしてください。システム内にあげた書類がAPUより受け付けられたことを確認してから、手続き期日内にAPUへ郵送するようにしてください。書類不備がある場合は、ご連絡をします。原本または原本証明がなされた複写の提出が必ず必要です。コピーを郵送されても、原本を受け取るまではCOEの申請をすることはできません。なお、再発行できない書類に限り、申請に基づいて後日返却いたします。
必要な書類を全て提出しましたが、COEはいつ受け取ることができますか?
全ての必要書類と諸費用の納入が確認できた段階で、COEの代理申請の手続きを開始します。出入国管理局がCOEを発行し、その後APUからCOEを郵送するため、代理申請からあなたのお手元にCOEが届くまでには約6週間必要です。COEがあなたの手元に届いたら、速やかに日本国大使館もしくは領事館でビザの申請を行ってください。ビザの申請が遅れてしまうとAPU入学に間に合わなくなってしまいますので、お気をつけください。

日本への入国

日本/APUにはいつ到着すればよいですか?
APUは、学生が大学に到着すべき日時について事前にお知らせします。入学式間近の大学が指定した期間内に来日した学生は、空港からAPUまでのアライバル・アシスタンス・サービスを利用することができます。一方、APUが指定する日以前に来日した場合には、寮(APハウス)に空きがありませんので、自分で宿泊場所を探していただくことになりますのでご注意ください。
日本のどの空港に到着すればよいですか?
APUに一番近い大きな国際空港は、福岡国際空港です。指定の期間に到着した場合は、福岡国際空港からアライバル・アシスタンス・サービスを利用できます。APUに最も近い空港は大分空港ですが、大分空港からはアライバル・アシスタンスを提供しません。アライバルアシスタンスサービスについては、「出発の準備」ページ(こちら)をご覧ください。
家族も一緒に来日できますか?
ご家族も同行できますが、滞在中の宿泊場所はご自身で手配してください。また、ビザが必要な場合にも同様にご自身で準備をお願いします。
PAGE TOP