入国準備

ビザの取得・更新

留学生が勉学を目的に日本に入国して学生生活を送るためには、ビザ(査証)が必要です。さらに、本学で授業料減免を受ける国際学生には留学ビザが必要となり、入学までに有効な留学ビザを確認できない場合は授業料減免の適用を取り消します。

1. 日本国外に居住し、ビザを持っていない場合

(1)「在留資格認定証明書」交付申請

ビザを取得するためには、入国管理局が発行する「在留資格認定証明書(以下「COE」)」が必要です。 本学では、以下の条件すべてを満たした合格者のためにCOEを代理申請します。

  • 合格後、留学ビザ取得のために、本学にのみCOE代理申請を希望すること
  • 1次手続金と2次手続金のすべてを期限までに納入すること
  • 滞在中の経費支弁能力を立証できる書類を含め、必要な書類を期限までに提出すること
  • 本学が代理申請を適当と判断できること

注意事項

  • a. 虚偽書類の提出や、提出書類に虚偽の記載があった場合は、入学後であっても入学許可を取り消します。
  • b. COEは入国管理局が交付し、ビザは日本国大使館などが発行します。個々の事情によってそれらが交付されない場合、本学は一切の責任を負いません。また、いずれの場合も入学金は返還しません。
  • c. 留学以外のビザ(「家族滞在」、「配偶者」など)で入国する場合、本学はCOEを申請できません。
  • d. 本学は、諸経費すべての受領をもって、合格者に入学意志があり、本学にCOE代理申請を依頼するものとみなします。あわせて上記①~④及びa~cの内容に同意したものとみなします。

(2)ビザの申請

「COE」は、APUが代理申請をおこなって交付された場合、「入学許可書」とともにAPUが合格者へ送付します。その後、合格者は、下記の書類を持って、居住する国・地域を管轄する日本国大使館・総領事館等に「留学のビザ」の申請を行ってください。

  • i. 在留資格認定証明書(COE)
  • ii. 入学許可書
  • iii. パスポート
  • iV. 写真(45mm×45mm)
  • V. その他
  • * 居住する国・地域によって異なります。準備に時間がかかる書類もありますので、なるべく早く管轄する日本国大使館・総領事館等に問い合わせてください。

2. 日本国内に居住し、有効な在留資格「留学」のビザを持っている場合

現在持っている在留資格「留学」を更新するとともに、本学入学に伴って転居する場合は市区町村役所で住所変更をしなければなりません。

(1)ビザの更新

更新申請は、現在の居住地を管轄する入国管理局またはAPUのある別府市を管轄する福岡入国管理局大分出張所で行えます。申請からおよそ2週間程度で更新が完了しますが、申請時期によってはそれ以上の日数がかかる場合もありますので、申請を予定する入国管理局に早めに相談してください。

(2)住所変更

入学前に居住していた市区町村で必ず転出届を出してください。転出届を出していないと住所変更はできません。転出届は新しい住所が決まっていなくても届出が可能です。
入学後、外国人登録証明書または在留カードを持って市区町村役所に行き、転入届を提出して、新しい住所の届出を行ってください。

(3)所属機関の変更

入学前から持っていた在留資格「留学」の在留期間が入学時に概ね3ヶ月以上残っている場合は、所属機関がかわったことを入国管理局に届け出る必要があります。該当する方は、入学後に本学スチューデント・オフィスまでご相談ください。

3. 上記以外の場合

早急にアドミッションズ・オフィス(国際)へご相談ください。
Email: applied@apu.ac.jp

入国準備

1. 航空券の手配

日本へ入国する航空券を手配する際、本学ではAPハウスに到着する日を指定していますので、入居日を確認してから渡航計画を立ててください。また、日本に入国するまでの事故に備えた海外渡航保険は自分で手配してください。国民健康保険は、日本に入国した日から適用されます。

2. APハウスの入居日の確認

4月入学の場合は3月下旬、9月入学の場合は9月中旬の大学が指定する日に入寮してください。

3. 事前の荷物の郵送

入居前に荷物の郵送を希望される場合は、4月入学の場合は3月19日以降、9月入学の場合は9月9日以降に到着するよう発送してください。ただし、荷物は一人につきダンボール2箱までです。

【荷物の送付先】
〒874-8577
大分県別府市十文字原1丁目2番
立命館アジア太平洋大学 APハウス2
TEL:+81-977-78-1901
*荷物には必ず「受験番号」および「氏名」をアルファベットで明記してください。

4. アライバルアシスタンス

新入生のために無料でアライバルアシスタンスサービスを提供しています。APUの学生たちが空港で出迎え、APU行きのバス乗車のサポートをしてくれます。このサービスは、福岡空港(国際線ターミナル)と大分空港で利用することができます。所定の期間および空港以外については、アライバルアシスタンスサービスを行いませんので、各自でAPハウスまで来てください。

福岡空港(国際線ターミナル)~APハウス
福岡空港の国内線ターミナルに到着した場合は、無料の連絡バスで国際線ターミナルへ移動したあとでサービスを受けられます。

1. 到着ロビーで出迎えます

2. 日本円への両替をお手伝いします
US$、ユーロ、中国人民元、インドネシアルピア、韓国ウォン、台湾ドル、タイバーツ、ベトナムドン等からの両替が可能です
  • * 両替所の営業時間を福岡空港のウェブサイトで確認し、営業終了以降に到着する際は、必ず自国で日本円を準備してきてください。
3. 空港バスチケットの購入、乗車をお手伝いします
  • * バスチケット料金などの交通費や荷物輸送料などはすべて自己負担です。
  • * APUの学生は空港バスに同乗しません。
  • * 福岡空港発の最終バスは21時30分頃です。間に合わない場合は、空港近くのホテルに一泊し、翌朝に大学へ向かうことになります。
4. APUの学生がバス停「高速別府湾・APU」でみなさんを出迎え、APハウスまで案内します

大分空港~APハウス
1. 到着ロビーでの出迎えます

2. 日本円への両替をお手伝いします
  • * US$、EUR、韓国Wに限って両替が可能です。
  • * 両替所の営業時間は7:00~最終便到着(21:00頃)迄です。それ以降に空港に到着する際は、必ず自国で日本円を準備して来て下さい。
3. エアライナーチケットの購入、乗車をお手伝いします
  • * バスチケット料金などの交通費や荷物輸送料などはすべて自己負担です。
  • * APUの学生はエアライナーに同乗しません。
4. APUの学生がバス停「亀川(古市)」でみなさんを出迎え、APハウスまで案内します

5. 当日持参する物

1. 書類

航空券(E-ticketなど)、パスポート、在留資格認定証明書(COE)、入学許可書、APハウス入居許可書、入学前課題冊子と「とびら」(英語基準学生のみ)を忘れずに持って入国してください。
入国時に空港で在留カードの交付を受けた場合、在留カードの裏には何も記入しないでください。裏書をした在留カードは無効となりますので注意してください。

2. 現金

日本で銀行口座を開くには時間がかかるので、最初の1ヶ月に必要となる費用(生活費や教科書代など)としては現金で用意してきてください。

3. 日用品

食器、調理器具、生活用品などは来日後にAPU大学生協で購入することができます。衣類や学習に必要な書籍、文房具、常備薬、生活費など必要最小限のものを持参してください。

  • * APUに持参できる荷物の個数は、2個(例:スーツケース1個とキャリーバッグ1個)までです。手荷物が2個を超える場合は、空港バスに乗車できません。

注意事項:

  • 現在、内服治療を受けられている方は、入学後の治療についてよく主治医と話し合ってください。また日本に持込できる薬の種類も限られています。薬によっては持ち込み不可能な場合や持ち込みできる量に制限のある薬もあります。必ず事前に日本国大使館に確認をし、入学後の自己管理を行えるよう準備をお願いします。
  • * 大分県には精神科領域における内服治療(精神疾患、発達障がい、睡眠障がい等)を英語で対応できる精神科医はいません。
    * ご不明な点がありましたら、 APUヘルスクリニック までご相談ください。

APハウス

1. APハウスについて

APハウスとは、主に国際学生が安心して学生生活を開始できるように、また、APハウスでの共同生活を通じて、異文化間の相互理解を図り、充実した学生生活を送ることを目的とした学生寮です。新入生は約1年間APハウスで生活することで、日本での新しい環境に慣れ、2回生時から市中に住むための準備をすることができます。また、APハウスには様々な国籍の学生が居住しているため多国籍の友人を作ることで様々な文化を学ぶことが容易になります。
国際学生の新入生は原則として全員がAPハウスに入居することになっています(約1年間)。

2. 居室の設備

居室には個室タイプとシェアタイプ(ユニット形式)があります。居室タイプについては、大学が決定します。

3. 入居期間

・4月入学: 3月末(指定された入居開始日)から翌年2月末
・9月入学: 9月中旬(指定された入居開始日)から翌年8月末

  • * APハウスに入居できる期間は原則として約1年(11ヶ月)です。

4. 寮費

1ヶ月分の寮費は49,000円です。寮生は入学後に大学指定の銀行に口座を開設します。大学はその口座から毎月1日に当月分寮費を引き落とします。引き落としは、4月入学者は6月分寮費から、9月入学者は11月分寮費からはじまります。

5. 入居にあたっての注意事項

  • 1. APハウスでは指定箇所のみ喫煙が許可されており、居室内喫煙が禁止されています。
  • 2. 入居当日にAPハウスの管理人室にて、鍵の受渡し等を含めた入居受付をおこないます。
  • 3. 居室には冷蔵庫、石油ストーブ、ガスコンロ、大型家具などの持ち込みはできません。
  • 4. APハウスでは、食事の提供は行っていません。食事はカフェテリアを利用するか、共同キッチンを利用して各自で調理することになります。調理器具の貸し出しは行っていませんので各自で購入してください。なお、電子レンジ、オーブントースターは、各キッチンに設置されています。
  • 5. APハウスの調理コンロはIH(Induction Heating)です。料理をする際は、IH専用の調理器具が必要です。